menu

株式会社ロジエンス

ブログ

食材を求めて極寒耐久

2017.12.20

【総務グループ 松本】

 

先日、夫と私の友人と計4人で土曜日の夜中から日曜日の朝方にかけて、

新舞子と知多湾付近の二ヶ所で釣りに出掛けて来ました。

恐ろしいほどの寒さの中で、一体何が釣れると言うのでしょうか。

因みに、私は食べる専門なので、食べられるお魚以外は興味ありません。

 

まず訪れたのは、知多湾の方です。

元気に釣竿を振る3人とストーブ前から動かない私。

(ストーブは友人が持って来てくれました、外でも使える灯油ストーブ素晴らしい!)

なかなかお魚がヒットせず、海藻ばっかり。

釣りって難しいんですね。

開始から約1時間経った頃、セイゴ(スズキのこども)が釣れました!

釣ったのは私じゃないけど!美味しそう!

 

その後、小さいお魚はリリースしながらセイゴ、カサゴ、カサゴと釣り上げている友人を

傍らで見守りながらカップラーメンを食して、夜明け前に新舞子へ移動しました。

 

新舞子では1時間くらいしか釣りが出来なかった為、特に釣れる事もなく再びカップラーメンを食して、

次は開店したばかりの魚市場へ向かいました。

 

まぐろ、サーモン、甘海老、鯛、キスを購入!

字面だけ見るととても豪華な食材ですね…。

 

お家に帰ってきた時間は朝の9時でした。

そこから調理開始して出来上がった豪華なお昼ご飯!

手巻き寿司をしたかったので、まぐろとサーモン、甘海老は手巻きの具にし、

セイゴと鯛はお刺身要員、お刺身に出来なかったセイゴとカサゴは煮付けて、

キスは天ぷらに変身して食卓に並びました。

 

お米は3合炊きましたが、私が1.5合くらい食べたような気がします。

 

デザートに夫の作った太巻きを食し、解散しました。

冬はやっぱり釣れるお魚の種類が少ないようで、

春になって暖かくなったらまた釣りに行きたいと思っています。

次は私も釣りします。(笑)

一覧ページを表示